伝送ソフトの歴史

国民健康保険中央会の介護伝送のソフトのこれまでの歴史や変遷

介護伝送ソフトは、平成12年度に施行された介護保険給付制度の請求業務をパソコンで行うソフトとして誕生しました。介護伝送ソフトを導入することによって、パソコンを使って簡単に保険金の請求ができるため、利用者が年々増えました。介護伝送ソフトは介護保険法の制度改正が行われる度にバージョンアップされ、使い勝手も改良されていきました。平成26年11月からはインターネット請求にも対応できるようになり、利便性が大きく向上しました。平成26年11月以前に購入した介護伝送ソフトも、インターネット請求に対応した更新プログラムがCDで配布され、古いソフトでもそのまま使用続けることが可能になりました。平成27年4月時点の最新の介護伝送ソフトのバージョンは7になっています。

国民健康保険中央会の介護伝送ソフトの今後の動向についての予測

介護伝送ソフトは介護保険制度の施行に伴い、ソフトウェアの販売が開始されました。その後も介護保険法が改正される度にバージョンアップが行われました。今後も介護保険制度の改正の度にバージョンアップが行われると予測されます。介護伝送ソフトの最新のバージョンは、インターネット請求に対応をしています。今後の請求業務はインターネット請求が主流になることが予測されるため、多くの事業者が介護伝送ソフトでインターネット請求をすると予測されます。介護伝送ソフトは、国民健康保険中央会のホームページから購入することができるようになっています。利用料は29000円になっており、値下げによって購入しやすくなっています。今後も利用料は値下げになると予測されます。